おせち料理はどうやって生まれた?

私が小さい頃、お正月のおせち料理はとにかく楽しみでした。

特に子供にとって栗きんとんなどはお正月にしかいただけない食べ物で、お菓子なども今のようにコンビニで自由に購入できるという時代ではなかったので、甘い栗きんとんは楽しみの一つでした。

お正月に頂くお重に入ったおせち料理はもともと、1年を通じてある節供に用意されたお料理です。

五節供といわれる節供は1月1日の元旦、3月3日の雛祭り、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の重陽の5つです。

平安時代、季節の変わり目を祝う朝廷の節日に神様にお供えするのがこの節供料理で、もともとは市民が口にすることができないお料理でした。

江戸時代になってやっと、それでもある程度のお金を持った方々がお正月に節供料理を頂くようになり、この時期には今のおせち料理と同じような内容のおめでたい料理がお正月に作られていたようです。

9月9日以外は、今もお祝いを行いますね。

雛祭りは女の子の節供と呼ばれひな人形を飾り雛あられに菱餅、甘酒などをふるまいます。

端午の節句はこどもの日、男の子の節供と呼ばれ、5月人形を飾り柏餅を頂き、お祝いします。

七夕の際には笹飾りを飾って今は季節のお料理を頂いたり、そうめんを天の川に見立てていただくなどするご家庭も多いでしょう。

そしてお正月はお重に詰めたお正月ならではのごちそうを家族そろって頂くという風習が、現在でも日本の文化として残っているのです。

おせち料理の予約は⇒おせちの通販ならOisix(おいしっくす) | 2015年のおせち料理特集